Japanese | English | Chinese | Korean
意匠部
DESIGN DEPARTMENT

意匠部紹介

意匠部は、ベテランの意匠実務担当者が、国内法のみならず将来的な外国意匠出願を見据えた戦略的な意匠出願から権利取得までの各段階において、エキスパートとしてお客様を全面的にサポートします。

担当者は20年以上の実務経験を持つベテランスタッフであり、技術的バックグラウンドについても多数の特許担当者との連携を図りながら、意匠として権利化すべきポイントを的確に捉えた出願を可能としている点で、お客様の要求されるレベルに迅速にお応えすることが可能です。

グローバル化が進む現在、国内のみならず世界規模で意匠権の重要性が増しています。しかし、意匠制度には未だ各国毎にバラつきがあるため、最新の情報を収集し、制度の違いを考慮した適切な出願形態を選択することは極めて難しいといえます。意匠部ではお客様に最高のサービスを提供するため、酒井国際事務所が長年かけて築き上げてきた世界中の現地代理人と綿密に連携するとともに、専門知識の研修を随時行って業務レベルの向上に努め、情勢の変化に迅速かつ柔軟に対応しています。弊所の他部門と同様に、お客様に対し、高いレベルのサービスを提供するとともに、豊富な経験と専門知識に基づいて不必要なプロセスや費用をできる限り簡素化し、コストの削減にも努めています。

このように、意匠出願から権利行使まで全方位で、その強みを十分に発揮し、お客様に合理的な価格で高品質な知財サービスの提供をお約束します。

意匠部部長
弁理士 茅野直勝

メンバー

茅野 直勝
特許業務法人酒井国際特許事務所 意匠部 部長
弁理士

茅野弁理士は、2001年に日本国で弁理士登録後、これまで特許庁・日本弁理士会委員を歴任しております。具体的には2015年~現在まで日本弁理士会意匠委員会の委員を継続しており、かつ、2014年~2015年には、同委員会の委員長を経験しております。また、2013年~2015年、及び2018年~2019年は、特許庁弁理士試験の試験委員(意匠担当)も任命されております。他に、日本の著名な美術学校である杉野服飾大学やお茶の水美術学院において意匠法に関する非常勤講師を務める等しており、日本の若年層に対して意匠法に関する知識の普及に努めております。

専門分野:意匠(半導体装置、電気コネクタ、ECU関連、画像デザイン、ヘッドフォン、建具、照明装置、顕微鏡、等のあらゆる技術分野における意匠に対応可能です)
使用可能言語:日本語、英語